kensiroukun’s diary

ケンブログ

DTMで音楽の業界へ入りたい!知識をお届けするブログ YouTubeもやってます!

ldisplay.min.css"/>

MIDIキーボードをiPhoneに接続する方法!作曲や演奏をしてみよう!

 

皆さんこんにちは!DTM製作所Kengoです!

 

YouTubeでオリジナル曲を投稿しているので検索してみてください!

Kengo【Repaint】 - YouTubeはこちら

 

「iPhoneを使って作曲したい」

 

「MIDIキーボードを使いたい」

 

今回はMIDIキーボードとiPhoneを接続する方法を簡単にまとめましたので、紹介していきます。

 

MIDIキーボードが使えると作曲や演奏練習に有利に働くのでぜひ、参考にしてみてください。

 

この記事を読むべき人

・MIDIキーボードを使いたい方

・iPhoneで作曲・演奏したい方

・接続方法を知りたい方

・接続がうまくいかない方

 

それでは順番に説明してきます。

 

 

 

1.接続する上で必要な機材

 

iPhoneとMIDIキーボードを用意するだけではうまくできません。

 

その機材が互換性がある必要があります。

 

なので購入の際はしっかりと調べて買う必要があります。

 

自分は突発的に購入しすぎて無駄した経験があります(笑)

 

必要な機材は…

 

・MIDIキーボード

・iPhoneマルチ変換アダプタ

・iPhone (ライトニング)

・ライトニングの充電器

 

そこに追加してマルチタイプのオーディオインターフェイスがあるといいかもしれませんね。

 

主にこの4つです。

 

1.MIDIキーボードに関してはUSBケーブルがついたものを購入してください。

 

理由としてUSB端子が一番万能で使い勝手がいいからです。←変換アダプタにも使える

 

ほとんどついてあるとは思いますが…。そこは確認ください。

 

 

2.マルチ変換アダプタはiPhoneのライトニングケーブル付きを購入してください。

 

タイプCのを買うと接続できないので注意が必要です。

 

マルチの理由はたくさん接続可能だからです。

 

特にイヤホン端子やUSB端子、充電端子がついているものを買うべきです。

 

特にイヤホン端子がついてないと、音漏れして直に流れてしまいます。

 

 

3.これは必ずですが、iPhoneをご用意ください。

 

androidユーザーの方には申し訳ないのですが、今回ご紹介できないです。

 

充電の差込口がタイプCなら、タイプC付きのマルチ変換アダプタを買えば済みます。

 

正直タイプCの方が普及していて、色んな種類のマルチ変換アダプタがあります。

 

iPhoneユーザーの僕からしたら悔しいばかりです(笑)

 

4.ライトニング充電器を用意してください。

 

MIDIキーボードを作動させるためには、電力を外部から供給する必要があります。

 

もし充電を接続しなかったら、正常に作動しないことがあるからです。

 

マルチ変換アダプタに色々差し込むにつれて電力が分散して、より多く供給しなくてはなりません。

 

急速充電の電力が高いやつを買うのがおすすめです。

 

 

・自分が使っている機材

 

まず自分が使っているものを一つ一つ紹介していきます。

 

1.MIDIキーボード

 

僕が使っているのはM -Audioの61鍵盤タイプのMIDIキーボードです。

 

こちらにもUSBケーブルが同梱されてあるので、マルチ変換アダプタへと接続が可能です。

 

いまだに違和感なく使えてます。

 

ただオーディオインターフェイスと接続したい場合は、互換性があるか確認する必要があります。

 

2.マルチ変換アダプタ

 

僕が使っているのはUSBハブ×2イヤホン端子、HDMI端子、充電端子がついているものを使用しています。

 

自分はつい最近まで、iPhoneの画面をキャプチャして生配信してたのでHDMI端子が必要でした。

 

特にキャプチャして生配信する予定がないならHDMI端子は必要ないかもしれませんね。

 

最低でもUSBハブ×1、イヤホン端子、充電端子この3つは欲しいとこです。

 

 

3.iPhone

 

これは正直何でもいいです。

 

ただ古いタイプのiPhoneだと、マルチ変換アダプタとの互換性がない場合があるので注意が必要です。

 

なるべく新しいモデルであることに越したことはありません。

 

自分は今でもiPhoneSEを使っています。

 

コスパ良くていまだに活用できてます(笑)

 

4.充電器

 

自分は急速充電できる電力も高いものを買うと良いでしょう。

 

ただ今ある従来のapple純正の充電器でも大丈夫です。

 

充電なしで使うとかなりiPhoneのバッテリーが減るので、充電しながらやるといいでしょう。

 

2時間ほどでフル充電できる充電器を一応貼っておきます↓

 

 

2.MIDIキーボードとiPhoneを接続してみよう

 

実際にMIDIキーボードとiPhoneを接続してみましょう。

 

まずこの4つを手元に用意します。

 

1.MIDIキーボード

2.マルチ変換アダプタ

3.iPhone

4.充電器

 

まずMIDIキーボードに同梱されてあるUSBケーブルをマルチ変換アダプタのUSB差込口に挿入します。

 

MIDIキーボード→マルチ変換アダプタ USBで

 

次にマルチ変換アダプタのライトニング端子をiPhoneに差し込みます。

 

マルチ変換アダプタ→iPhone  Lightningケーブルで

 

マルチ変換アダプタに充電器を差し込みます。

 

充電器→マルチ変換アダプタ Lightningケーブルで

 

接続方法はこれだけです!

 

後は実際にMIDIキーボードを使っていきます。

 

3. 実際にMIDIキーボードを使ってみよう

 

MIDIキーボードを実際に使うには、音楽制作ソフトを起動する必要があります。

 

今回はiPhoneの音楽制作ソフトGarageBandを使って紹介していきます。

 

※GarageBandが使える前提で話を進めていきます。

使い方が分からない方は今後記事を書きたいと思います。

 

上記のように接続が完了したら…

 

実際にGarageBandを開いて鍵盤の画面を出します。

 

開けたらMIDIキーボードの電源をONにします。

 

そして実際にMIDIキーボードを叩いてiPhoneから音が鳴れば成功です!

 

もしうまく接続ができない場合は下記を参考ください。

 

4.接続がうまくいかない場合

 

先ほどの手順どおりに接続したけど音が鳴らないな?

 

どうして?

 

この場合いくつかの原因があるかもしれません。

 

個人的に思った4つの原因と対策方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

自慢ですが一つだけ独自で発見した解決方法があります(笑)。ネットのどこを見ても乗ってなかったです(笑)

 

電力の供給不足

 

マルチ変換アダプタに複数接続することによって電力が分散してしまいます。

 

なので一方は繋がって、一方は繋がらないということもあるでしょう。

 

その場合にはマルチ変換アダプタに充電器を差し込むことです。

 

一応充電器を差し込まなくても動作しますが、エラーが起きやすいです。

 

外部のコンセントを使って電力を供給できれば、正常に動作する可能性があります。

 

接続する手順がある

 

これは自分が唯一発見した方法です。

 

それは接続する順番があるということです。

 

すべてのパターンを試してみてください。

 

例えばMIDIキーボードとマルチ変換アダプタ、iPhoneを接続して、充電器を差し込む。

 

そしてからMIDIキーボードの電源を入れるなど。

 

ちなみに自分もマルチ変換アダプタに複数接続していたため、このような経験があります。

 

何回も試行錯誤して考え、接続には手順がある!ということを発見しました。

 

ちなみに自分の場合...

 

MIDIキーボードと変換アダプタ、iPhoneを接続してからMIDIの電源を入れる。(充電は差している状態)

 

そしてMIDIケーブルをつなげる。

 

最後にイヤホンを挿入する。

 

この方法でつながることが確認できました。

 

ほかのパターンでやるとどうも接続がうまくいきませんでした。

 

色々自分なりに試してみてください。

 

一回外して再度接続してみる

 

自分もたまにあるのですが、一回接続しても反応しないことがあります。

 

その場合には最初から接続をやり直して、もう一回接続してみましょう。

 

そしたらうまく接続ができるはずです。

 

iPhoneに接続できたら、充電されたサインが出るので確認してみましょう。(充電ケーブルを差し込んだ場合)

 

互換性がない可能性

 

一番購入者にとって絶望を与えてくるのが、互換性がない点です。

 

非常にショックがでかいですよね?

 

自分も何回も互換性がなくて返品やら無駄したことやら..←リサーチ不足でした...

 

そうならないためにもちゃんとリサーチしてから購入することをおススメします。

 

大体メジャーなのを買えば互換性があると思いますが、中には相性が合わないものがあります。

 

レビューや商品の説明を読むようにしましょう。

 

今回僕が紹介した機材は僕が検証済みなので、これらを買えば接続はできます。

 

自身で決める場合にはしっかりリサーチをしましょう。

 

まとめ

 

今回はMIDIキーボードとiPhoneを接続する方法について紹介しました。

 

接続方法はいたってシンプルです。

 

ただ気を付けなきゃいけない点が、互換性です。

 

無駄な買い物をしないためにもしっかり調べて買う必要があります。

 

この記事を見てくださってる方には僕みたいな目にあってほしくないので、調べてから買うことを強くおすすめします。

 

Amazonで買う場合はレビューを参考にしてみるといいかもしれませんね。

 

星があまりにも悪かったり、値段が安すぎるものは買わない方がいいです。(経験談)

 

それではよい音楽ライフを送ってください!

 

また次回!

 

 

LINE追加していただけると、今ならDTMや作曲、音楽に関するお悩み相談を無料で実施しております。

 

また音楽に関する役立つ最新情報も配信していくので、ぜひ登録してみてください!

DTM製作所のKengoと申します。 DTM製作所というアカウントでYouTubeにオリジナル曲を投稿しています。 ほぼ毎日YouTubeで作曲編曲雑談生配信中! このブログでは作曲やDTMに関するノウハウを読者さんに伝えていきます。 分かりやすく、ためになるブログを作る!をモットーに発信していきます。 また、別の視点から「こういう考え方もあるよ」というヒントを出せればいいかなと思っています。ぜひ参考にしてください!

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

「Kengo@DTMの書斎」(以下、本サイト)は、ご訪問者が安心してご利用頂けるよう、個人情報の保護に最大限の注意を払います。本サイトの個人情報保護方針は以下の通りです。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ご利用者の登録された個人および法人の情報については、本サイトにおいての機能やサービスを提供するためのみに利用します。個人及び法人の登録情報の保護に細心の注意を払います。ご利用者の同意なく、適用範囲を超えて登録情報を利用することはありません。

当個人情報保護方針(プライバシーポリシー)の適用範囲は、本サイトが提供する機能、サービスに限定されます。

ご利用者が本サイトのサービス(含む”お問い合わせ”)をご利用の際に記載した個人・法人情報は、守秘義務を徹底し厳重に管理致します。また、サイトのセキュリティの向上に努め、より安心してご利用頂けるように配慮してまいります。

ご利用者からご提供頂いた個人・法人のプライベートな情報は、ご利用者の同意がない限り第三者に開示することはありません。ただし、法律に基づき公的機関から要請があった場合や、法令に特別の規定がある場合、お客様や公衆の生命、健康、資産等に重大な損害が発生する恐れがある場合には、適用外となります。

個人情報保護のため、必要に応じて本方針を改定する場合がございます。改定が行われた場合、利用者がその内容を知ることができるよう、速やかにホームページに公開し、プライバシーポリシーに記載致します。

第三者配信事業者による広告について

本サイトは、Googleなどの第三者配信事業者が配信する広告、その他の広告ネットワークを介した広告を掲載しています。 これらの広告は、広告Cookie を使用して、ユーザーがそのウェッブサイトや他のウェッブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて配信される広告が含まれます。

本サイトにおける広告掲載について

広告によって、Google及び多くのウェッブサイトと関連サービスは無料でご利用することを可能にしています。

Google社は、広告が安全で邪魔にならず、適切に配信されていることに可能な限り努めています。

本サイトもGoogle社の方針を理解し、ユーザーエクスピリエンスの向上に努めながら、広告配信ポリシーに準拠するように努めております。

Cookie とは

Cookieは、ユーザーのブラウザに保存される小さなテキストファイルです。Cookieは、広告掲載の利便性を高めるために使用されています。Cookieを使用しないと、ユーザーに適切な広告を配信することが難しくなります。

Googleやそのパートナーは、広告 Cookie を使用することによって、適切な広告を配信し、本サイトで表示しています。広告 Cookie には、個人を特定できる情報は含まれません。

本サイトのご利用者は、Googleの広告設定ページ でパーソナライズ広告を無効にできます。または、www.aboutads.info のページからパーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができます。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。

本サイトで掲載する広告を配信する第三者配信事業者及び広告ネットワーク

以下は本サイトで掲載する広告を配信する事業者及び広告ネットワークです。 各社のプライバシーポリシーについては、リンク先のページをご参照下さい。

アクセス解析について

本サイトは、Google アナリティクスの広告向け機能を使用しています。当該、広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプライ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザーの分析とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のためにGoogle アナリティクスを必要とするサービス

本サイトは、Google アナリティクスの広告向けの機能に関するポリシーに準拠し、個人を特定したり、個人を特定できる情報とGoogleの広告サービスまたは広告機能介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることは致しません。

Googleが開発したGoogle アナリティクス オプトアウトアドオン をご利用するとGoogle アナリティクスによる本サイトご利用のお客様のデータ使用を無効にすることができます。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依 頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

【運営者】:Kengo

【初出掲載】:2023年 12月3日

プライバシーポリシー